諏訪湖上花火大会
HOME  │  プライバシーポリシー  │  サイトマップ  │  お問い合わせフォーム  │  組合加盟お申込フォーム

 今回のコラム寄稿者は NSKO さんです。
 第65回 諏訪湖上花火大会がお盆の8月15日(木)午後7時より諏訪湖畔にて開催されました。
 しかし、この日は開始前から降っていた雨が、開始から20分、更に激しい風を伴う雷雨になり、65回目を数えるこの大会も、初の中止ということになってしまいました。
 今年も、目前数か所から一斉に上がり、ドドドドドドンと腹に響く、「連続スターマイン」や「10号早撃ち」、そして、諏訪湖名物「水上スターマイン」、そして、祭りの最後を飾る「大ナイヤガラの滝」など、36セット、合計4万発の花火を2時間にわたって打ち上げる予定でしたが、残念な結果に終わりました。
 今回の諏訪を襲った激しい「豪雨に雷に風」は、気象庁が他県で、「今までに経験の無いほどの豪雨」と言って避難を呼びかけたものと匹敵する雨量であり、電車は止まり、中央道も止まり、50万人といわれる花火客の内、約6,000人が帰れず、一時市施設に避難し600人余りが市施設で一夜を過ごしたそうです。
 この初の中止に追い込んだ今回の雨量は、長野日報によると、花火会場諏訪で午後8時半までの1時間に74.5ミリの雨が降り、1947年以降で最大の時間あたり雨量になったと伝えています。
 「今後、何が起こるか分からない!」 この大会の日だけに! この諏訪で! この大会の時聞だけに! グリラ豪雨になったのは、何かに呪われている様で、本当に不思議な感じでした。
 一日前だったら、一日後だったら、普通に開催でき、観光客にも大いに楽しんで頂けた全国に誇る諏訪の大花火大会であったと思います。
 「自分の体も何時、何が起こるか分からない!」ので、元気なうちに悔いのない人生を送りたいとつくづく思う今日この頃です。
 「皆さん、組合の仲間と一緒に人生を楽しみましょう!」
                 
       夏になると毎日上がる「15分間の花火! 」、支部ブロック会「ナイトクルージング船上」より
サイト内検索
Google     WWW を検索   「BAながの」を検索 
Since2006 Copyright (C)  Beauty Shop Owners Association Nagano. All Rights Reserved.