日常の合理主義のお話
HOME  │  プライバシーポリシー  │  サイトマップ  │  お問い合わせフォーム  │  組合加盟お申込フォーム

 今回のコラム寄稿者は、TOKUMEI さんです。 
 いつも面白いお話をするお客様がいて、先ずは洗剤のお話。「色々な洗剤を揃えておくのが面倒だから減らしたい。」という話。 家庭には、台所用、風呂用、窓、床、換気扇・ガスレンジ用その他、「数えれば10種類以上有るんじゃない?」という事で、共用をして半減したいというお話です。
 お客様曰く「台所の洗剤は害がないと思うので、お風呂場にも使えるよね?」、「先生はどう思う?」というので、化け学に強い私は「化学的に考えるなら、湯垢の問題があるから、クエン酸を加えて弱酸性にしたり、レモンやオレンジ等柑橘系成分が入っているのがいいんじゃない?」など、洗剤の話題で盛り上がりました。
 そうは言ったものの、本当に良いかどうかは分かりません。
 試して見た方が良いと思った私は、その日のお風呂づくりにいつも台所にある「瀬戸物が滑らなくていい!」と奥さんが気に入っている、柑橘成分配合のオレンジ色の”●ュ●ュット”で風呂場を洗ってみることにしました。
 いつものお風呂用洗剤のように、●ュ●ュットをまき、洗いだしたら「さあ大変、風呂場中が泡だらけ!」本当に予想以上に泡が出るんですよ・・・・・流しても、流しても、泡が切れず大変でした(泣)。
 勿論、風呂場掃除はきれいに出来ましたよ!  ただし、食器用は、泡が出すぎて流すのに大量の水が必要になるので、人に薦める場合は、「少量で洗えますよ!」という結果でした。
 次にそのお客様が来たときにその話をしたら「そうなったでしょう!」と大笑い。お客様も同じだったようで、洗剤の用途はその目的に沿って作られているという結論ですが、ただ、結果をみると台所洗剤の利用は、ワンプッシュで洗えるので節約でき、共用に問題は無いことは確か!ですよ。
 次は、キッチンの食器洗いのお話。「スポンジは雑菌が繁殖して良くないって言うので、化学繊維のクロスを使っているのだけれど、気に入ったクロスも、直ぐにヘタッて、ハリが無くなる」といいます。そこで、お客様のお奨めを紹介しましょう。
 それは「身体を洗うアカスリが、何時までもしっかりしていて良いのよ!」
 また、「アカスリを3分の1に切って使うので3倍使えるのよ!」 但し、「シッカリした素材のものを買いましょう!」とのことです。
 これも直ぐに試したい私は、風呂場から持ってきて試してみた結果、流石これは使えると思いました!
 ただ、奥さんに「食器にお古のアカスリは許せない!  あなたは、●も味噌も一緒ね!」と言われてしまいました(泣)。
 まあ始めから、そう言われそうな予感は有りましたが・・・・。
 この話になると毎回面目をつぶされる私です(泣)
サイト内検索
Google     WWW を検索   「BAながの」を検索 
Since2006 Copyright (C)  Beauty Shop Owners Association Nagano. All Rights Reserved.