“未知の扉を開けてみよう!”
HOME  │  プライバシーポリシー  │  サイトマップ  │  お問い合わせフォーム  │  組合加盟お申込フォーム

 今回のコラム寄稿者は、TKDNHさんです。
 1980年、二十歳の頃、デビッドサンボーンに憧れて手に入れた中古のアルトサックス。
 ドレミファソラシド止まりでほとんど30ん年お蔵入りしていたのを引っ張り出しました。
 きっかけは3年前の支部のクリスマスパーティーの時の余興で青年部のみんながバンドをやると・・
 「じゃあ俺にもなんかやらせろ」「サックス持ってる(・・・・)」( 出来るとは言ってない)当然楽譜にはカタカナを書き、音程も合っていたのかどうなのか・・
 どうすればいい音が出るのか楽器店のお姉さんに相談しました。
 「ウチのバンドに来ませんか?一緒にやりましょう」 「工エエェェ(´д`)ェェエエ工!?」「楽譜も読めないですけど」 「大丈夫です。楽譜は慣れますから」と、自信たっぷりに言われ 「じゃあ練習しときますから来年から・・」と、超逃げ腰のオレ 「どうせやるなら 今でしょ!」「今度の日曜日の練習に見学に来てください」 「は,はい。とりあえず見学だけ」と逃げ帰りました。
日曜日の夜、サンテラスホールの練習室の前に立ち青くなりました。 中から聞こえてくるJAZZの音色が「お前には100年早え!」と言っているようでした。 「やっぱり無理だ」と車に戻り葛藤すること30分・・・
 「ここで帰ったら一生後悔するぞ」「恥かくだけだ、帰ろう」 「行け!笑われるのは得意だろ」 行きました。
 これ以上ない勇気を振り絞ってドアをノックしました。 まさしく未知への扉を開けた瞬間、約40個の目玉がオレを・・・卒倒しそうでした。
 今やってるのはこの曲だと渡された楽譜を見ながら聞くことに、がしかし、すぐにどこをやっているのか解らなくなりました。
 ダ・カーポって何だっけ? ダルセーニョって何? ミの♯って ファ??? ヾ(・∀・;)オイオイ 大変な奴が来ちゃったぞって思われただろうなあ。
 そのバンドは40年の歴史のあるバンドで「TNS ジャズオーケストラ」といいます。 次の週から毎日曜日の練習に参加して約3ヶ月後、記念すべき人前演奏デビューは田中保育園の夏祭り。ちびっ子達の前で汗だく・・  デビュー戦が保育園なんて妙に納得( ´▽`) 久しぶりに味わった何とも言えない達成感!(もちろん自己満足) 年1回、定期演奏会を東御市のサンテラスホールで行っています。
 昨年は立ち見まで出る大盛況でした。聴きに来てくれたみなさん ありがとー(*˘˘*) 入団して、たった半年後の定期演奏会の舞台に立つなんて思ってもいなかった。 いいのかなあ?という気持ちが99%超、しかも750人の前で8小節だけどソロをやれと 工エエェェ(´д`)ェェエエ工 やりました 吹きました 「どんぐりころころ」 笑い取りました。
 今年の定期演奏会は10月31日です  お暇と時間のある方は見に来て聴きに来て短くて1回しかない人生 やりたいことはすぐ始めるべき 歳なんて関係ない。
サイト内検索
Google     WWW を検索   「BAながの」を検索 
Since2006 Copyright (C)  Beauty Shop Owners Association Nagano. All Rights Reserved.